パニック障害とは

パニック障害とは、胸がドキドキし、息が苦しくなり、全身に汗をかき、このまま死んでしまうのではないかというくらいの強い恐怖や不快さを感じる「パニック発作」が繰り返し起き、それに加えて、また発作が起こるのではないかという不安が強くなり、電車に乗ることや、一人での外出が難しくなる病気です。「パニック発作」だけでなく、発作が起こることへの不安(予期不安)と、起こりそうな場面が怖くて避けてしまうこと(広場恐怖)があり、日常生活に支障をきたすときに「パニック障害」と診断されます。
 

パニック発作の症状

パニック発作では、普通ならそんなに危険ではない状況で、急に不安や恐怖、不快感を強く感じる発作で、発作の時には次のような症状がみられます。

・息切れ感、または息苦しさ(息ができないと感じる)
動機
発汗
身震い
めまい、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じがする
手足がぴりぴりうずく感じ、または感覚が麻痺する感じがする
胸の圧迫感、痛みを感じる
気が遠くなる感じがする
手足が冷たくなる、または全身がほてる
現実感が失われる
口が渇く
吐き気がする
足ががくがくする
目がぼやける
筋肉が緊張する
考えがまとまらない、頭が真っ白になって話ができないという感じ
死ぬのではないか、正気を保てないのではないか、気が狂うのではないかという恐怖を感じる

(これらの症状のうちいくつかが起こるのが普通で、全部そろうとは限りません)
 

パニック発作の原因は

パニック発作をはじめて体験した時は、本当に恐ろしく感じるものです。なぜなら、それまで経験したことのない異常な体験で、強い恐怖や不安を感じるからです。多くの人は、「気が狂ってしまうのではないか?」「自分をコントロールできなくなりそうだ」「心臓発作がおこったのでは?」と心配します。しかしパニック発作では、本当はそのような心配はありません。パニック発作の本質は、「ストレスと不安」及び「過呼吸」なのです。このメカニズムをしっかり理解することで、多くの人はパニック発作をコントロールできるようになります。
 

パニック発作の原因(1)―「ストレスと不安」

最初のパニック発作は、多くの場合ストレスが増大した時に起こります。ストレスが多い状態では、不安が高まります。そして、パニック発作の症状の多くは、人(動物)が危険を察知し、とても強い不安(恐怖)を感じたときに普通に起こる体の反応にそっくりなのです。例えば「熊に襲われる」という事態を考えてみてください。この時、体の中ではただちに「交感神経」という神経の働きが活発になり、呼吸や鼓動が早くなり、筋肉が緊張し、すぐに動いて逃げたり戦ったりできる体制になります。これは「逃げるか戦うか反応」と呼ばれています。
 

パニック発作の原因(2)―「過呼吸症候群」

ストレスや不安が強く、体が「逃げるか戦うか反応」をしている際は、気づかぬうちに早く息をしすぎたり、深く息をしすぎたりという過呼吸状態になることがあります。過呼吸になると、いくら呼吸しても「呼吸ができない」「息がつまる」という感覚が生じ、さらに過呼吸が悪化するという悪循環が生じます。そして、めまい、頭がふらふらする、手足がピリピリする、心臓がどきどきするなどの症状が現れ、さらにパニック感覚が増大します。パニック発作時の症状の多くは、実は過呼吸による症状なのです。ですから、呼吸のコントロールを身につけることで、症状はかなりの部分軽減します。
 

パニック発作からパニック障害へ-回避の悪循環-

このようにパニック発作は、ストレスと不安が高まったときに起こる体の反応で、決して、死に至ったり、気がふれてしまったりするような危険なものではありません。ただ、非常に不快なものですし、原因や対処法が分からないと不安になるのももっともなことです。そこで一部の人は、またパニックが起こることを恐れ、パニックが起こる恐れがある場所や、パニックになったときに助けが求められない状況を避けようとします。しかし、避ければ避けるほど、次に直面するのが怖くなり、いけない場所、できないことが増えてしまいます。
 

パニック障害の治療

パニック障害に対して効果が実証されている治療は、主に、薬物療法と認知行動療法の二つです。認知行動療法の原理は、まずは呼吸の方法などパニック発作をコントロールするテクニックを身につけます。そして、そのテクニックを基に、避けていた状況に徐々に直面し、恐怖を克服していく練習をします。 避けている状況に直面するのは、勇気のいることですが、あなたが安心して取り組めるよう訓練を受けた専門のカウンセラーがサポートします。
 
LinkIcon認知行動療法ご希望の方はこちらをご覧ください。
 

参考文献
Andrews, G., et. al. 2002 The Treatment of Anxiety Disorders : Clinician Guide and Patient Manuals. Cambridge University Press.
(古川壽亮監訳 2003 不安障害の認知行動療法(1)パニック障害と広場恐怖 星和書店)